ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品という言葉は、何年か前からよく聞くようになりました。

最近ではテレビコマーシャルもしているので、知っている人は多いかと思います。

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が満了した後に、厚生労働省の承認を得て製造・販売をするものです。

新薬と違って開発費などがかからないため、新薬と同じ効き目ながら薬の値段が安くなるので、患者さんの負担が軽くなります。

また、国の医療費削減にもなるので、積極的にジェネリック医薬品を使おうという流れになっています。

同じ効き目だったら、もちろん安い方が良いですから、患者さんにすればありがたいことです。

風邪などと違い、血圧の薬や薄毛治療や男性脱毛症の治療のための薬(プロペシア)は長期にわたって服用しなければならず、薬代だけでもかなりかかります。

そんな薬には、ジェネリックがおすすめです。

しかし、プロペシアのジェネリックは発売されておらず、処方されていませんでした。

そんな時、プロペシアのジェネリック薬が発売されることが決まり、処方されることになったのです。

これは男性型脱毛症や薄毛を治療している人にとってうれしいことですね。

今までは病院で処方される新薬としてのプロペシアを服用していたり、中には個人輸入代行業者で買っていた人がいたのですから。

これからは、病院でもジェネリック薬が処方されるので一安心と言えます。

薄毛治療のためには、継続して服用した方が良いので、ジェネリックは助かります。